206月/14Off

低金利でお金を借りることは重要だけれど…

6月 20th, 2014

低金利でお金を借りる、お金が必要な方なら誰でも望むことです。少しでも金利が低いところで借りるために、検索サイトや比較サイトを積極的に利用している方がほとんどでしょう。

金利の違いは、返済額の具体的な違いとして支払う金額に表れてきます。さらに、返済額が変わることで大きな借入額ですと返済期間にも確実に違いが出てくるのです。ほんの0.1%だからとは言っていられないのが金利の違いです。

このように低金利であることを借り入れの条件とするのは当然なのですが、それだけでは済まないことも実は借り入れ先を決める難しさとなっています。というのも、借りた後には当然ですが必ず返済しなければなりません。

お金を借りるということは長期的な返済が前提となるものもあります。住宅ローンでは何十年という単位で返済していくことになります。3年、5年単位で返していくというローンであってもその間毎月決まった額を返済し続けることによって、お金の計画は利用者にとっては重要な点となるのです。

お金を借りるということだけに目を向けると、その後の使い方などはあまり気にせずに決めてしまいやすいのですが、返済方法などにも気を付けて借入先を選ぶべきでしょう。

金利を比較しながら、引き落としでの返済なら自分が口座を持っている銀行ならどう便利になるのか、ということを具体的に想像することで実際に返済する時にもスムーズになります。低金利でお金を借りることは重要なことですが、それだけで選んでいる方ばかりではないのです。

305月/14Off

キャッシングできないはずはない!?サラリーマン事情

5月 30th, 2014

社会人にもさまざまな職業がありますがやはり多いのはサラリーマンではないでしょうか。
サラリーマンならキャッシングできないはずはない、そう考えているのであれば考えを改めなくてはなりません。

サラリーマンの多くはクレジットカードや携帯電話など自分名義で持っているでしょう。
それらのローンや分割払いがキャッシングの審査に影響することがあります。
ローンを組んでいること自体ではなく、その支払いが遅れることが審査に影響をすることとなります。
意外な盲点となっているのが携帯電話の機種代金支払いです。
一括払いで携帯電話の機種代金を支払う時代ではなくなりました。
多くの方が携帯電話の機種代金は分割になっているでしょう。
その代金は高く7万円8万円というのはザラです。
支払いが遅れることによって個人信用情報機関に「遅延」の項目が付きます。
キャッシングとしての借金だけが個人信用情報機関に掲載されているわけではなくローンや分割払いの債務全般が個人信用情報機関には記録されており、その情報は金銭の貸し借りやローンを扱う金融業者で共有される情報になっています。

安定した収入を得ているサラリーマンならば誰でもキャッシングができる、そういうわけではないということです。
サラリーマンのキャッシング人口は実に多く、個人信用情報機関でももっとも管理されている情報が多い年代でもあります。
だからこそ安心できるキャッシング方法を探していきましょう。